食事の減らし過ぎは不健康の元!

糖質オフには注意が必要!

痩せて美しくなりたい、と考えている人も多いのではないでしょうか。巷には、ダイエットに関する情報が溢れていますよね。食事制限をすれば、体重を減少させることができますが、急激に食事のカロリーを減らし過ぎたり、偏った食品ばかりを食べたりするダイエット法は、健康を害する危険性がありますので、注意しましょう。
近年、痩せやすい方法として注目度が高まっているのが、糖質制限のダイエットです。糖質は、たしかに太る元になる栄養素ですが、活動のエネルギー源となる大事な栄養素でもあります。糖質を減らし過ぎると、日常の活動にも支障を来すこともあり得ます。糖質オフのダイエットをするにしても、極端に糖質量を減らすのではなく、他の栄養素とのバランスを考えながら、適度に糖質を摂取する方が、安全で健康的にダイエットを続けることができます。

様々な栄養素の役割を知っておこう

糖質と共にダイエットの敵のように言われている栄養素が、脂質です。たしかに、過度に脂質を摂取すると、カロリーオーバーにつながりやすいので、ダイエット中には脂質の摂り過ぎは控えることが大切です。しかし、太る原因になるからと言って、脂質の摂取量を極度に制限してしまうのは、不健康の元です。脂質には、ビタミンの吸収を促進する働きがあるので、脂質が不足してしまうと、せっかく野菜類でビタミンを摂取しても、適切に吸収されにくくなります。また、脂質の不足によって、肌のツヤが損なわれ、肌荒れが生じやすくなってしまう点にも注意して下さい。
短期間で目に見える効果を期待して、食事量を減らす過激なダイエットをするよりも、長期的な目で見て、健康的で美しい身体を作れるようなダイエットを継続させると良いでしょう。